各項目の詳しい説明は、太字のタイトルをクリックしてください。

白いつめ物外来(審美歯科)
歯科用高性能接着材によって歯の表面に強力に結合し、歯とほぼ同じ色調・形態・硬さを再現することが可能な美しい修復材料です。従来の銀歯に比べ、健康な歯を過剰に削ることなく修復が可能です。型取りがなくお口の中の操作のみで治療が完結するため、1日での治療終了が可能です。

 

セラミック治療(審美歯科)
従来の銀歯ではなく、最新の技術と材料を用いて天然歯と比べても遜色がないものを作成し違和感もなく美しく修復することが可能です。また、従来の銀歯と違って、歯としっかり接着させることが可能なため、取れたりすることもほとんどありません。白いつめ物と違って型取りが必要となりますが、プラークの付着がしづらく安定した物性を誇るので、いつまでも美しい輝きを保つことが可能です。

 

◆ホワイトニング(審美歯科)
ホワイトニングとは、歯科用漂白剤を使って天然の歯の色を白くする治療です。歯を全く削らずに歯の色調を安全に白くすることができます。漂白効果には個人差がありますが、ホワイトニングの治療期間と比例して色調が明るくなります。
継続的にホワイトニングを行うことで漂白効果を得る事が出来ます。軽度の知覚過敏を感じることがあります。

 

インプラント治療
インプラント治療は、歯を失った箇所にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上部に人工歯を被せることで、天然歯とほぼ同じ状態まで噛む力を回復させる治療方法です。インプラント治療はブリッジや入れ歯とは異なり、土台となる歯を削ったり、バネを他の歯にかけたりしないので、健康な他の歯に負担をかけず、歯の寿命を延ばすことができます。
硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛めて、話すときも発音しやすい、自然で美しい「歯」が特徴です。

 

◆歯周病治療
歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯周病原性細菌が原因で発症します。歯周病が進行すると歯を支える骨が溶けていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。 歯周病は、「silent disease」と呼ばれ、痛みなど自覚症状を伴わない状態で進行していくため、初期の状態ではほとんど自覚症状がありません。歯周病が進んでしまうと、「歯ぐきが腫れた」「歯がグラグラして咬みにくい」などの症状が現れ、治療も長期間になることが多くなります。手遅れになってしまう前に初期の状態で治療を行い、定期的なメインテナンスを受けていただくことをお勧めします。もし残念ながら進行していた場合も、私たちと一緒に治していきましょう。

お問い合わせ:045-911-8662