歯周病に関して、まず知ってほしいことは次の4点です。

            ◯歯周病は細菌感染症だ!

            ◯骨が溶ける!

            ◯むし歯より歯を失う可能性が高い!

            ◯歯がある限り誰しもなりうる!

 


『歯を失う原因』の第一位は!? 

 

左のグラフは『歯を失った原因』の割合を表しています。

『歯周病』が42%で約半数を占めて1位です。

これでも「まだ痛くないからまだ大丈夫」と考える方もいるでしょう。

「だってむし歯ないし、痛くないし。」と思う方もいるでしょう。

次のデータを見て下さい。

 


 

『日本国民の8割が歯周病!?』

左の図は歯周病の年齢別罹患率を示しています。

年齢が上がるにつれ罹患率も上がり、後期高齢者では60%を超えています。

40代から歯周病にかかっている人が多いです。

つまりこの前にしっかりと歯周病と向き合う必要があります。

 

「いやいや、私はむし歯になったら歯医者に行ってます。」という方もいるでしょう。

次のデータを見て下さい。

参照)厚生省「e-ヘルスネット」より

 


『定期検診を受けた人とむし歯治療だけ受けた人』の歯の残る割合

 

 

「データが示す歯を多く残す方法!!」

左の図は「定期検診を受けた人」と「むし歯治療だけ受けた人」の残った歯の本数を比較したものです。

80代においては7~8本の差がでています。

つまり定期検診を受けることで、8本も多く歯を残すことができます。

定期検診では、むし歯のチェックだけでなく歯周病の状態も確認しますので早期発見・早期治療を受けることができ、歯を多く残すことができるのです。

 

 


『歯周病の検査』

 

 

歯周病の検査って何をするの?

 

 

 

 まずはポケット短針という器具を使って、

 歯茎と歯根の間の深さを測ります。

 これが「歯周ポケット」です。

 

『検査結果と進行度』

歯周ポケットは4mmが分かれ道です!

『大切なご自身の歯だから今こそ本気の取り組みが必要です』

『痛くないから大丈夫』は危険!

下の写真をご覧下さい。

 

この写真は20代後半男性の口腔内写真です。

ご本人は歯周病の自覚がありません。

しかし全顎的に歯周ポケット4mm以上あり、歯石もたくさん付着していました。

すでに中等度歯周炎です。

 


治療はどんなことをするの?

 

 

大きくは『セルフケア』と『プロフェッショナルケア』に分かれます。

 

 ◯プロフェッショナルケア(スケーリング&SRP)

ここでは歯茎の内側、歯の表面の部分においてクリーニングをします。

左の写真のような器具を使用し、歯ブラシでは取り除くことのできない歯石などを除去していきます。

併せてここでは歯科医師・衛生士による

 

①効率的なブラッシングのご案内

せっかく毎日10分気をつけて磨いていても、汚れが溜まっている方もいらっしゃいます。

磨きにくいところ、苦手なところなどポイントごとにブラッシング方法をご案内します。

同じ時間でも効果的に磨くことで、ブラッシングは向上します。

 

②補助器具(歯間ブラシ・フロス・タフトブラシなど)の説明を実施します。

歯ブラシが上手になっても、それだけでは汚れの全てを取り除くことはできません。

補助器具と言われる歯間ブラシ・フロスなどの使用が歯周病ケアには必要です。

場所によって歯間ブラシのサイズも変える必要があるでしょう。

 

◯『セルフケア』

毎日のブラッシングなどご自身での口腔内ケアを指します。

ここが最も大切です。

全ては『ご自身の健康な歯で楽しい食生活を楽しむため』

まずは、検査にいらしてください。

詳しくご説明させていただきます。